カサハラ, トクシ
笠原, 十九司(1944-)

著者名典拠詳細を表示

著者の属性 個人
場所 群馬県
一般注記 宇都宮大学助教授,都留文科大学文学部教授
EDSRC:アジアの中の日本人 : 戦争責任と歴史学・歴史教育 / 笠原十九司著(大月書店, 1994.9)の奥付による
「日中全面戦争と海軍 : パナイ号事件の真相 / 笠原十九司著」(青木書店, 1997.8)によりPLACE, SF追加
EDSRC:モダニズムから総力戦へ / 阿部恒久, 大日方純夫, 天野正子編(日本経済評論社, 2006.12)
Dates of Birth and Death 1944
から見よ参照 Kasahara, Tokushi
Kasahara, Tokusi
コード類 典拠ID=AU00042898  NCID=DA02800314
1 憲法九条と幣原喜重郎 : 日本国憲法の原点の解明 / 笠原十九司著 東京 : 大月書店 , 2020.4
2 海軍の日中戦争 : アジア太平洋戦争への自滅のシナリオ / 笠原十九司著 東京 : 平凡社 , 2015.6
3 第一次世界大戦期の中国民族運動 : 東アジア国際関係に位置づけて / 笠原十九司著 東京 : 汲古書院 , 2014.2
4 戦争を知らない国民のための日中歴史認識 : 『日中歴史共同研究「近現代史」』を読む / 笠原十九司編 東京 : 勉誠出版 , 2010.12
5 日本軍の治安戦 : 日中戦争の実相 / 笠原十九司著 東京 : 岩波書店 , 2010.5
6 中国侵略の証言者たち : 「認罪」の記録を読む / 岡部牧夫, 荻野富士夫, 吉田裕編 東京 : 岩波書店 , 2010.4
7 「百人斬り競争」と南京事件 : 史実の解明から歴史対話へ / 笠原十九司著 東京 : 大月書店 , 2008.6
8 南京事件論争史 : 日本人は史実をどう認識してきたか / 笠原十九司著 東京 : 平凡社 , 2007.12
9 現代歴史学と南京事件 / 笠原十九司, 吉田裕編 東京 : 柏書房 , 2006.3
10 南京事件 : 体験者27人が語る : 虐殺の「その時」とその後の人生 / 笠原十九司著 東京 : 高文研 , 2006.1
11 南京難民区の百日 : 虐殺を見た外国人 / 笠原十九司著 東京 : 岩波書店 , 2005.8
12 記憶の比較文化論 : 戦争・紛争と国民・ジェンダー・エスニシティ / 都留文科大学比較文化学科編 東京 : 柏書房 , 2003.2
13 南京事件と日本人 : 戦争の記憶をめぐるナショナリズムとグローバリズム / 笠原十九司著 東京 : 柏書房 , 2002.2
14 資料ドイツ外交官の見た南京事件 / 石田勇治編集・訳 東京 : 大月書店 , 2001.3
15 南京事件と三光作戦 : 未来に生かす戦争の記憶 / 笠原十九司著 東京 : 大月書店 , 1999.8
16 南京事件 / 笠原十九司著 東京 : 岩波書店 , 1997.11
17 歴史の事実をどう認定しどう教えるか : 検証731部隊・南京虐殺事件・「従軍慰安婦」 / 笠原十九司 [ほか] 編 東京 : 教育史料出版会 , 1997.10
18 日中全面戦争と海軍 : パナイ号事件の真相 / 笠原十九司著 東京 : 青木書店 , 1997.8
19 戦争と民衆 : 第二次世界大戦 / 歴史学研究会編 東京 : 東京大学出版会 , 1996.2
20 15年戦争への道 : 1894(明治27)年~1931(昭和6)年 東京 : ほるぷ出版 , 1995.8
21 偽造された「満州国」 : 1931(昭和6)年~1937(昭和12)年 / 鈴木亮, 笠原十九司編 東京 : ほるぷ出版 , 1995.8
22 拡大する日中戦争 : 1937(昭和12)年~1941(昭和16)年 / 鈴木亮, 笠原十九司編 東京 : ほるぷ出版 , 1995.8
23 戦争下を生きる : 1937(昭和12)年~1941(昭和16)年 / 鈴木亮, 笠原十九司編 東京 : ほるぷ出版 , 1995.8
24 アジア・太平洋戦争 : 1941(昭和16)年~1945(昭和20)年 / 鈴木亮, 笠原十九司編 東京 : ほるぷ出版 , 1995.8
25 敗戦と解放 : 1945(昭和20)年~1995(平成7)年 / 鈴木亮, 笠原十九司編 東京 : ほるぷ出版 , 1995.8
26 南京難民区の百日 : 虐殺を見た外国人 / 笠原十九司著 東京 : 岩波書店 , 1995.6
27 アジアの中の日本軍 : 戦争責任と歴史学・歴史教育 / 笠原十九司著 東京 : 大月書店 , 1994.9