このページのリンク

トウヨウシ ロンソウ : エノキ ハクシ ショウジュ キネン
東洋史論叢 : 榎博士頌寿記念 / 榎博士頌寿記念東洋史論叢編纂委員会編

出版者 東京 : 汲古書院
出版年 1988.11
大きさ 540,8p ; 22cm

所蔵情報を非表示



書庫B2和書 220/42 881072748

書誌詳細を非表示

内容注記 蕭穎士招聘は新羅か日本か / 池田温一著
清初ハン(han)権の形成課程 / 石橋崇雄著
ウリヤンハン・モンゴル族の滅亡 / 岡田英弘著
中国雑技小考 / 越智重明著
十三世紀末における南インドと中国の間の交流-泉州タミル語刻文と元史馬八児伝をめぐって / 辛島昇著
宋代■貨務の交引鋪 / 草野靖著
河陰の変小考 / 窪添慶文著
日露戦争中のYMCAの軍隊慰問事業 / 倉橋正直著
ウマイヤ朝カリフ・マルワーンとマワーリー / 後藤明著
オスマン朝初期の大宰相職-バイェズィト・パシャの昇進と失脚 / 小山皓一郎著
再び『エリュトゥラー海案内記』の成立年代について / 蔀勇造著
イル汗国に於けるジャライル部族-イル汗諸政権の中枢について / 志茂碩敏著
「碑文之由来記」考略-広開土王碑発見の実相 / 武田幸男著
明代永楽年間、戸籍関係残簡について-中国歴史博物館蔵の徽州文書 / 鶴見尚弘著
鄭和来日説考 / 中田吉信著
明初城隍考 / 浜島敦俊著ミンダイ ジョウコウコウ
突厥の即位儀礼補論 / 護雅夫著
第二次清軍入冦後の朝鮮潜商の一管見 / 森岡康著
一般注記 榎一雄の肖像あり
摂政サンギェー・ギャンツォの出自をめぐって 山口瑞鳳著.ヒンドゥー法典類の贖罪規定-バラモン殺害を例として / 山崎元一著||宋初の胡宏の書簡「与劉信叔書」をめぐって / 渡紘良著.清仏戦争と日本の帝政党系新聞の論調 田中正俊著. 付:榎一雄博士略年譜・著作略目
本文言語 日本語
著者標目 榎, 一雄 <エノキ, カズオ>
分 類 NDC8:220
件 名 NDLSH:東洋学
NDLSH:アジア -- 歴史  全ての件名で検索
書誌ID BB00035551
巻冊次 PRICE:12000円

 類似資料