この情報を出力する

このページのリンク

シホウガク ノ アラタナ テンカイ : ワガツマ サカエ センセイ ツイトウ ロンブンシュウ
私法学の新たな展開 : 我妻栄先生追悼論文集 / 川島武宜[ほか]著

出版者 東京 : 有斐閣
出版年 1975
大きさ 687p : 肖像 ; 22cm

所蔵情報を非表示



書庫B1NDC 324/26 861588762

書誌詳細を非表示

一般注記 内容:法的構成-法律学の課題に焦点をおいて(川島武宜) 私法観念の起源に関する一管見-L.Gernetの研究を拠所として(野田良之) 「法における擬制」について(来栖三郎) 信義誠実の原則と法解釈の方法(石田穣) 民法の意義-民法典からの出発(星野英一) いわゆる慣習法は民法の法源たり得るか(宮崎孝治郎) 法的人格と権利能力(山中康雄) 取得時効における占有の態様(遠藤浩) 物権的価値返還請求権について-金銭の物権法的一側面(四宮和夫) 近代的所有権概念の成立(村上淳一) 地租改正と土地所有権-とくに比較史的に(福島正夫) 所有権移転時期という問題の考え方(鈴木禄弥) 不動産物権変動における利益衡量(水本浩) 不動産物権変動における公示と公信-背信的悪意者論、民法94条2項類推適用論の位置づけ(川井健) 不動産譲渡担保と差押の可否(米倉明)
相殺の担保的機能についての再論(清水誠) 損失のshiftとdistribution(有泉亨) 損害賠償責任ルールに関するカラブレイジ理論(森島昭夫) 過失判断の基準としての「通常人」-アメリカ法における「合理人」をめぐって(加藤一郎) 新聞による名誉毀損と反論権(幾代通) 「人事法案」の起草過程とその概要(唄孝一,利谷信義) 家族の氏と戸籍(立石芳枝) 東ドイツの親族法の特色について(山田晟) アメリカ法における子の扶養(石川稔) 小切手と民法(鴻常夫) 責任限定を明示した給付判決の効力-「既判力に準じる効力」と「既判力類似の効力(いわゆる争点効)」との関係を中心として(新堂幸司) 仮登記担保と不動産競売(竹下守夫)
NCID BN01106432
本文言語 日本語
著者標目  川島, 武宜(1909-1992) <カワシマ, タケヨシ>
 星野, 英一(1926-2012) <ホシノ, エイイチ>
 我妻, 栄(1897-1973) <ワガツマ, サカエ>
分 類 NDC6:324
NDC8:324.04
NDLC:A811
件 名 NDLSH:私法
書誌ID BB00255321
巻冊次 PRICE:7500円

 類似資料