この情報を出力する

このページのリンク

カマクラキ ノ トウダイジ フッコウ : チョウゲン ショウニン ト ソノ シュウヘン : ロンシュウ
鎌倉期の東大寺復興 : 重源上人とその周辺 : 論集 / GBS実行委員会編集
(ザ・グレイトブッダ・シンポジウム論集 ; 第5号)

出版者 奈良 : 東大寺
出版者 京都 : 法藏館 (発売)
出版年 2007.12
大きさ 151, 7p : 挿図 ; 30cm

所蔵情報を非表示



書庫B1中型 188.35/9-5 071079081

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:論集鎌倉期の東大寺復興 : 重源上人とその周辺
その他のタイトル:Tōdaiji's revival in the Kamakura period : examining themes related to Chōgen : papers from the Great Buddha symposium no.5
一般注記 英語書名は巻末の英文要旨より
「ザ・グレイトブッダ・シンポジウム 第5回」(平成18年12月9日-10日)の成果をもとに書き下ろした論文と討論の記録
英文要旨: 巻末p2-6
発表者一覧: 巻末p7
内容: 鎌倉期における東大寺華厳(藤丸要), 凝然大徳の『聲明源流記』南都仏教と念仏との接点(ジラール・フレデリック), 栄西門流の入宋と東大寺(中尾良信), 大仏様建築 宋様の受容と変質(田中淡), 重源の舎利信仰と三角五輪塔の起源(内藤栄), 鎌倉中期の東大寺と仏師(奥健夫), 鎌倉中期の東大寺(遠藤基郎), 重源と宋人石工(山川均), 「南都仏教」再考(永村眞)
参考文献あり
NCID BA84686837
本文言語 日本語
著者標目 GBS実行委員会 <GBS ジッコウ イインカイ>
分 類 NDC8:188.62
件 名 BSH:東大寺
NDLSH:重源(1121-1206)
書誌ID BB03041003
巻冊次 PRICE:2000円(税別)

 類似資料